読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔のひつじのブログ

日常で気になった事、スローペースでひとり言

甘酒は優れもの


甘酒をテレビ番組で取り上げていました。

栄養面でかなり優れものであることを知りました。

実際に買って飲み比べてみました。

甘酒には米麹で作ったものと、酒粕でつくったものの2種類あります。


■米麹で作った甘酒

・砂糖不使用ですがほんのり甘味を感じます
・アルコールは0%です
・お酒の香りが少ない

・さらりとして美味しい

f:id:egaonohituji55:20160330164014j:plain

アルコール分0%表示 ↑

 

f:id:egaonohituji55:20160330164034j:plain

いろいろな飲み方、食べ方まであります。

 

酒粕から作った甘酒

・甘さを出すために砂糖が入っている
・アルコールが1%前後
・お酒の匂いがある

f:id:egaonohituji55:20160330164101j:plain

このタイプは酒粕と米麹を両方混ぜてありますね。

 

f:id:egaonohituji55:20160330164112j:plain

アルコール分1%未満の表示 ↑

やはり、運転時はもとよりお子様や妊婦さん、授乳期は避けるべきですね。

 

■それぞれ原料が違うため多少の違いはありますが、どちらの甘酒も栄養は豊富です。

大きな違いは、砂糖を使う使わない、アルコールある無しの2点です。

お子様や妊婦さん・ダイエット中の方などは、アルコール・砂糖を含まない米麹の甘酒を選ぶようにしてください。

それ以外の方は、酒粕使用の甘酒をどうぞ!

生姜入りもあり、こちらは深みがあり美味いです。


ビタミンB2を中心とするビタミンB郡

肌の細胞を活性化させて美肌が期待されます。

また甘酒に含まれる必須アミノ酸が、肌の乾燥を防ぐ効果があり、

米麹に含まれるコウジ酸には、美白にも期待できます。

 

■“飲む点滴”と言われています。

アミノ酸は、体内で生成できないため、食べ物などで摂る必要があります。

飲む点滴と呼ばれる甘酒は、体に必要なブドウ糖・ビタミンB郡・アミノ酸などの栄養素などが多く含まれています。

( 実際には点滴より甘酒の方が多数の栄養素がまだまだ多く含まれているとも言われています )

 

ブドウ糖・ビタミンB郡が、疲労回復を手助けしてくれます。

食欲がなく、特に疲労を感じやすい夏バテの時にもおすすめです。

また産前産後の栄養補給に効果的です。安心してお飲みください。

( アルコールが入っていないか確かめて下さいね )

さらにオリゴ糖食物繊維が腸の善玉菌を増やし免疫力をアップさせてくれますので、

便秘でお悩みの妊婦さんの便秘解消の強い味方にもなります。

 

■出来るだけ常温で飲むのが良いです。

温めるのでしたら、50~60度ぐらいまでにしましょう。

麹菌は熱に弱いんです。

 

■コップ200ml程度を目安に飲んでみましょう

1日に飲むのは、コップ1杯程度(約200ml)が良いそうです。

続けて毎日1杯を美味しく頂くのが健康に良いでしょう。