笑顔のひつじのブログ

日常で気になった事、スローペースでひとり言

花粉症はこれでほぼ90%直りました!

花粉症は20年間悩まされてきました。

早速、直った方法をお伝えします。

 

毎朝飲むことが前提です。

【 用意するもの 】

1.浄水した水 350ml

2. ヒマラヤ岩塩

3.一味唐辛子

4.レモン、ゆず、きんかんのどれか一つ

 

【 作り方 】

■ 浄水器を通った水 350mlに、レモンなら1/2個、ゆず、きんかんなら

1個を絞ります。

( ポッカレモンなどはだめです。必ず生の物を使ってください )

■ ヒマラヤ岩塩を一つまみ

■ 一味唐辛子を三振り

以上で終わりです。

f:id:egaonohituji55:20160405031853j:plain

 

 

f:id:egaonohituji55:20160405031913j:plain

常温で飲むのをお勧めします。

真冬であれば、冷たくない程度が良いです。

 

f:id:egaonohituji55:20160405031931j:plain

岩塩が注目されて久しくなりますが、

日本人が特に不足がちになると言われるミネラル。
鉄、銅、カルシウム、マグネシウムなど、
体の健康を維持する必要不可欠なミネラルを豊富に含んでいます。

 

 

唐辛子の成分の「カプサイシン」です。

効能としては血行を良くし、発汗作用、脂肪を燃焼し、

肥満予防に効果があると言われています。

ビタミンAやビタミンCが豊富で、夏バテ予防にも効果があります。

これを3振りほど入れます。

 

f:id:egaonohituji55:20160405031950j:plain

 

これを良くかき混ぜて、飲む。これだけです!

毎日朝起きたら、必ず飲みましょう!

私はこれを半年間続けた結果、花粉症の症状の90%改善しました。

いわゆる腸内環境の改善と、デトックスです。

私の信頼するメンターから教えて頂いた方法です。

半年も!!!…って思われた方も結構いそうですね。

どうって事ないです。毎日のコーヒーみたいなもんです。

 

始めたタイミングが花粉の季節の半年前だっただけで、

実際には10月頃のブタクサの時も症状は出ませんでした。

それで続けてみようと思ったんです。

 

果汁を絞れば当然皮と種が残りますよね。

これは捨てずにおきましょう。

 

f:id:egaonohituji55:20160405032039j:plain

レモン、ゆず、きんかんなどの皮と種は、果汁より栄養価が高いそうです。

レモンの皮は料理に、ゆずの皮ときんかんの皮はジャムに出来ます。

 

皮のビタミンCは果汁の2倍もあります。

リンゴ酸・ビタミンC・ペクチンも豊富です。

 

ペクチン質といい、血糖上昇の予防、コレステロール値のコントロールを行う働きがあり、ビタミンCとの相乗効果で、血行もよくする働きもある。

毛細血管の働きもよくなり、小ジワを防ぐ働き、

シミ、ソバカスを薄くする働きもする。( 美白効果 )

 

ヘスペリジン (皮の成分)

毛細血管を丈夫にする作用により脳血管障害による病気の予防と治療に効果があると言われ老化を防ぎます。

 

もっと驚くべきは種の薬効です。ゆず1個につき20個の種が含まれていますが、
この種にはリモネンという抗ガン物質が含まれている事がわかりました。

ゆずは白菜と一緒に摂ると脳卒中を予防し、胃腸の働きを整え、
苦味をもつ物質リモノイドは、抗がん作用・悪玉コレステロール抑制作用がある。

また、精油成分やクエン酸・ビタミン類が相乗的に働き、
リウマチ・関節炎などの腫れや痛みを緩和する働きもあるそうです。

 

               引用 ゆず:栄養素・効果と効能 - 小さな癒しの海へ

                  引用 ゆずの特質・成分・効能

                  引用 ゆずの効能-見なきゃ損

 

私はこの水を飲むときに種をポリポリ噛んで飲んでしまいます。

決して固くなんてありません。( 多少苦いです )

ピーナツやアーモンド位の硬さです。一度お試しを。

 

f:id:egaonohituji55:20160405032244j:plain

 梅干しはクエン酸などを多く含み、

疲労回復とカルシウムを吸収する効果が期待できます。

抗菌作用と浄血作用も併せ持っています。

 

ここで私は毎日1個食べています。( 食事の時で良いです )

 

話はまたまた反れますが、私は自転車ロードレースなどに参加していますが、

梅干しが花粉症に良いと聞き、始めた訳です。

 

ヨーグルトとか色々試してみましたが、私にはダメでした。

市販の薬、病院の薬とかも試しましたが、

セレスタミン配合の病院の薬には副作用でとんでもない目にあいました。

自転車レース中、熱中症で心拍数190まで上がり、ろれつが回らない。

自転車に乗るどころか、10m先の自販機までも歩けませんでした。

救急搬送され、危ない所だったそうです。( 医者の見解 )

薬のせいで血管が細くなり、汗をかかない状態だったそうです。

つまり、体に血液が送れず、体が冷却できず、熱中症!!!

薬の副作用の怖さを体験しました。

 

 以上、 ① ヒマラヤ岩塩+柑橘系+350mlの水

     ② 梅干し

 

この2つは是非ともお勧めの方法です。